オレの戯言

Janne Da Arcの復活を心待ちにしている私が思い出を語ろう

更新日:

私が普段聴く曲はヴィジュアル系と呼ばれるジャンルだ。

そんな中でも一番大好きなバンドが「Janne Da Arc」である。

有名な『月光花』や『ダイヤモンドヴァージン』を聴いたことがある人も多いのではないだろうか。

バンドに関する詳細は公式ページやyoutubeを見てほしい。

ファン歴はメジャーデビュー時に発売した『RED ZONE』という曲からなので、1999年から。

今が2018年なので、ファン歴19年である。

マドモア会員だったり、CDは全パターン買ってしまっていた。

自分でいうのもなんだが、訓練されたファンである。

ファンになった当時は小3だか小4の頃だと思う。

2019/04/01追記:復活は永遠になくなったんだ。悲しいね。

no image
【悲報】Janne Da Arcが解散を発表した件【ずっと待ってたのに】

続きを見る

 

Janne Da Arcとの出会い

元々私は「GLAY」や「L'Arc〜en〜Ciel」といったバンドが大好きだった。

そんな時にいつだったか偶然、「Janne Da Arc」の『RED ZONE』が流れているのを聴いた。

もう20年近く昔のことなので記憶が定かではないがメジャーデビュー曲の『RED ZONE』に魅せられて、おこづかいはCDにつかっていた。

そこからぐんぐんと私はジャンヌダルクとともに成長した。

身長は、大きくならなかった。

【中古】 レッドゾーン /Janne Da Arc 【中古】afb

created by Rinker

 

初めてのLIVEで大阪へ

高1だったと思う。

初めてLIVEに行った。

私は九州に住んでいるのだが、初めてのLIVEはなんと大阪だった。

初LIVEで遠征を経験したんだ。

 

『Dearly~大阪城ホール~』というJanne Da Arcの集大成

なぜ、九州に住んでいる私が、大阪まで行ったのか。

理由は簡単だった。

彼らの長年の憧れである大阪城ホールでライブを行うことになったからだ。

ジャンヌダルクのメンバーはみんな大阪出身だ。

城ホは聖地のような場所らしい。

私は、初のライブで感動のあまり…ちょっと泣いた。

いや、ワンワンは泣いてないけどさ。潤んだ。

「Janne Da Arc」の曲の中に、『桜』という名曲がある。

その曲中に、気付いたら目が潤んでいた。

周囲の人もチラホラ泣いてた。

そして『DOLLS』という曲でも潤んでいた。

ライブの終わり際に歌ってくれた『Rainy~愛の調べ~』でも。

「これ程までに感動するライブがあるんだろうか…」と、初遠征の初ライブで思った。

一生、ジャンヌダルクのファンでいたいと感じたライブだった。

 

『Dearly』というLIVEの魅力

大阪城ホールという点以外にも集大成と言える理由はある。

『Dearly』は、演奏された曲の数も非常に多い。

25曲以上。

インディーズの頃の曲もたくさんあったり、有名な『月光花』から入った新規ファンでも楽しめたりと、Janne Da Arcの集大成のライブだったと思う。

全体通して3時間近かった記憶がある。

夢のような時間だった。

そして…ファンの間で語り継がれる超有名な出来事も、この『Dearly』というLIVEで起こった。

気になる方は「janne da arc ヴァンパイア」で検索すると出てくる。

ジャンヌダルクの布教用のライブDVDはDearlyが一番だろう。

これ程までに感動したライブを私は知らない。

Live 2005 “Dearly” at Osaka-jo Hall 03.27 [ Janne Da Arc ]

created by Rinker

 

そしてAcid Black Cherryへ

2007年、夏。

私は高校三年生だった。

バンドのボーカルyasuがシークレットライブを経て、Acid Black Cherryとしてソロ活動を始めた。

すごく華々しいデビューに見えた。

続いてベースのka-yuがDAMIJAW(ダーミージョー)としてデビュー。

他のメンバーも各々活動を始めた。

Acid Black Cherry(以下ABCと略します)は若い人も一度は聴いたことがあるんじゃないだろうか。

今も大人気だしね。

『Black Cherry』はVに興味ない人でも知ってる人多いよね。

私は…カラオケで女の子に歌ってほしいです!!!!

 

原点回帰のような『SPELL MAGIC』というABCのデビュー曲

ABCのデビュー曲である『SPELL MAGIC』は、激しいロックな曲調だった。

ジャンヌの頃は、メジャーデビューしてからというもの、シングルとして出す曲は、ポップな曲調が多くなっていた。

レコード会社の意向が大いにあったのだろう。

本人たちは、昔からのファンが求めているモノも分かっていたようだ。

ABCでソロ活動をするようになると、ヴィジュアル系の色が強くなり、激しいロックな曲調が多くなった。

フリーライブで演奏された曲を聴くと、ABCの目指す方向性が分かった気はした。

勘違いしてほしくないのだが、私はABCも大好きだ。

ライブも行ってるよ!ほら!

「欲しかったのは、愛。」なんですよねぇ…

ABCの写真

「まぁ、1~2年でまた戻るだろう」

そう、当時は思っていた。

ジャンヌダルクとしてデビューして、あと少しで10年になろうとしていたのも、私がそう感じた理由の一つだった。

ただ、ABCもすごく好きだった。

大好きなyasuが歌っていたからね。

 

ABCは常に最高のパフォーマンスを披露できる

ABCはyasuのソロプロジェクトであり、yasu以外は全員サポートメンバーである。

ABCを支えるサポートメンバーはすごく豪華だ。

「La’cryma Christi」、「PENICILLIN」といった90年代に一世を風びしたバンドのメンバーがサポートする。

私は楽器を挫折したのだが、すっごいこと。

オールスターバンドみたいな。

 

ABCは10周年を迎えた

すぐに戻るだろうと思った高校時代から、10年以上が経過した。

2017年の夏。

ABCは10周年を迎えた。

最近知った人はおそらく、Janne Da Arcのyasuというよりも、Acid Black Cherryのyasuという認識ではないだろうか。

勘違いしてほしくないので一つ言っておく。

私は、古参か新参かなんてどうでもいい。

同じバンドが好きな人同士なんだから。

ただ、少しだけ寂しくなった。

ジャンヌダルクというバンドは、私の青春時代を支えてくれた偉大なヴィジュアル系バンドだ。

それこそ、小学時代~フリーランスとして独立開業したまで…

私が恋をした時も、失恋した時も、将来で悩んだ時も、支えてもらった。

yasuはもちろん好きだし、他のメンバーも、もちろん大好きなジャンヌダルクのファンだ。

ジャンヌダルクのファンということは、ABCだって当然好きだ。

…でも、Janne Da Arcの五人で、また、いつか、LIVEをしてほしいと思っている。

ずいぶんと私も年を取った。

ピチピチの10代だったのに、今やアラサーだ。

時の流れは恐ろしい。

 

おわりに:Jannne Da Arcは最高のバンドなんだって話

毎日聴いているジャンヌダルクの曲。

全然飽きない。

色々なバンドは好きだけど、やはり私の中で一番のバンドはジャンヌダルクだった。

だから記事にしてみました。

ほんと5年、10年ってあっという間ですね。

あなたには青春をともにしたバンドや歌手がいますか?

Live 2005 “Dearly” at Osaka-jo Hall 03.27 [ Janne Da Arc ]

created by Rinker

関連記事とスポンサーリンク

-オレの戯言

Copyright© ソシャゲスキーの部屋 , 2019 All Rights Reserved.