ソシャゲ

父親がポケモンGOの課金者だった件

更新日:

ピカチュウ

今日、用事があり実家に帰っている。

午前中、私は部屋でゆっくりしていた。

タバコが切れたので両親のいるリビングへ行った。

私「コンビニ行くけどなんかいる?」

父「お!車乗っけてくれ!」

私「ん?どっか他寄るとこあんの?」

父「〇〇公園を経由してくれ!レイドバトルしなくちゃいかん!」

 

…はい?

 


 

父は、ポケモンGOにハマっていた。

 

いつからポケモンGOを始めたのか

父親に聞くと、もう1年半ほど前からやっているのだそう。

私もソシャゲをよくやるのだが、根っからの出不精で、外でやるタイプのゲームは苦手だ。

ポケモンGOも元職場で少し流行ったが、私は全然やらなかった。

パズドラレーダーや、最近モンストで実装されたスポット機能もほとんどやってない。

おとんのランクは高かった

父親がどの程度、ポケモンGOをやっているのか調査がしたい…

私の中の「ライターの血」が騒いだ。

ストレートにブログのネタにするとは言いにくい。

うまく相手に喋らせる必要がある。

私の培った最高峰のホスト力が試される時であった。

調べてみると、一般的なゲームでいうプレイヤーランクは、ポケモンGOではトレーナーレベルと呼ばれていることが分かった。

予備知識は入れた。あとは聞くだけだ。

 

私「ねー、ポケモンGOのレベルどのくらいなの?」

 

父「ん?40だよ」

 

私「ふーん。そっか。」

 


 

この時はまだ、レベル40の凄さが分からなかったんだ…

 

(私がどストレートに聞いたのはスルーしてほしい)

 

ポケモンGOのレベル分布を調査を試みた

私はポケモンGOをほとんどやったことがない。

久々にアプリを起動したら連携が必要だったらしく、やった記憶もなかったためデータは消えた。

私の記憶が正しければトレーナーレベルは、上げにくかった覚えがある。

少なくとも昔やった時、私は一桁だった。

ネットで検索をかけたのだが、パズドラのようにランクの分布やアンケートは見当たらなかった

 

父はすごいポケモントレーナーだった

全国のユーザーのレベル分布は分からなかった。

しかし、衝撃的なことが発覚した。

私の父はレベルカンストユーザーだった

※カンスト=ゲーム界ではランクの上限までいってる状態です

私の中で、なんとなく「ある予感」がした。

 

おかんに聞いてみた

我が家の首領であるお母様に話を聞いてみた。

なんでも最近はずっとポケモンGOをいじっているようだ。

夜もスマホ片手に散歩しているそうだ。

また、スマホを貸したらいつの間にか「ポケモンGO」のアプリを入れられていたという、父の暴挙っぷりを母から聞いた。

…なにか特典があるのだろうか?サブ垢のメリットあるのかね?

すると続けざまに、すごい一言を聞いた。

 

母「しかも毎月Googleのカード買ってんのよ!!」

 

 

…やっぱり?w

 

 

(「ある予感」とはもちろん、「ぜったい課金してるだろ…」ってことだった。ビンゴである)

 

父がポケモンGOに課金していた!?

面白くなってきたじゃないか…私の予想通り、父は課金していた。

ちなみに父親の年齢は58歳。

もうじき還暦である。

ポケモンGOにバッチリハマる世代はおそらく20代~30代だと思うのだが、なぜ父親がどハマりしているのかはちょっと分からない。

でも結構見かけるよね、公園や駐車場なんかで。中年のおじさんユーザー。

ポケモンGOを始めた経緯については、ほかに機会があればうまく聞き出そうと思っている。

 

父親の課金額を調査

父親がポケモンGOにハマっているということに驚いたのに、まさか課金までしているとは夢にも思わなかった。

はたして課金額はいくらなのか?

課金額を聞き出したい…

私の中の「ライターの血」が騒いだ。

人から情報を聞き出すにはコツがいる。

ホストで培った最高峰のトークテクニックで聞き出してみた。

私「ねーねー、月いくらぐらい課金してんの?」

 

父「五千円とか一万円とか。母さんには言うなよ」

 


 

…安心してほしい。

言わなくてもバレている。

そして、おそらくなのだが、五千円とか一万円といった金額では収まっていないだろ(笑)

私も別ゲーだが課金していた。

ランクカンストはどのアプリでも「キモいユーザー」というのは分かる。

読者の皆様もそう思わないか?

 

もう一回ジャブをしてみた

父親がカンストユーザーなのは分かった。

イイ性格をしていると周囲から評判の私は、さらに父に取材を試みた。

 

私「ねー、ポケモンGOのさ、レベル40って高いの?」

 

父「最高位。はーい(手をあげる父)」

 


 

得意気だった。

 

カンストユーザーの父と友達になった話

私がポケモンGOについて聞いてきたのが嬉しかったのか興味津々だった。

そして耳を疑う一言を言ってきた。

 

父「フレンドなろう」

 

私「…弱いってか、データ消えたばかりよ?」

 

父「別にいいよ」

 


 

こうして私は、カンストユーザーである父と、フレンドになった。

 

私が元課金者だったのは血の宿命だったのかもしれない…

私も嗜む程度にソシャゲに課金をしていたことがある。

「蛙の子は蛙って、こういうことなんだろうなぁ」と思った。

 

もうすぐ父親の誕生日

父は9月生まれだ。

ポケモンGOは電池の消耗が激しいと聞いたことがある。

父親思いな私は、モバイルバッテリーをプレゼントしようと思う。

母の日や母親の誕生日は祝ってもらいやすいが、父の日や父親の誕生日はスルーされがちだ。

すごく親孝行な息子じゃないだろうか。

実用性、すごく高いと思うんですよね…ポケモンGOユーザーには。

あなたも…親御さんが誕生日近いなら、おひとつどうですか?()

 

おわりに:まぁ、楽しそうでなによりだよ…

以前、私の父親はラジコンが好きだった。

でも週末に通っていたラジコンのコースがあるサーキット場(と言っていいのか?)がなくなってしまい、暇そうにしていた頃もあった。

ラジコンの前はよく魚釣りに行っていたそうだ。

魚釣りには戻らなかったけど、今、父親はすごく生き生きしている。

ありがとうポケモンGO

そして、おとん…母さん、けっこう怒ってるよ。

 

関連記事とスポンサーリンク

-ソシャゲ

Copyright© ソシャゲスキーの部屋 , 2019 All Rights Reserved.