オレの戯言

元上司から怪しい投資話を持ち掛けられた話

さて、ゲーム以外の記事を書くのはいつぶりだろうか。

皆さんこんにちは、ソシャゲスキーだよ。

たまにはね、ソシャゲ以外のことも書きたくなったんだよ。

決してネタが無いとか、ゲームのスクショが面倒くさいだとか、そんな理由ではないよ!

さてさて・・・皆さんは投資に限らずまぁ、なんていうの?俗に言う資産運用?

なんかやってますか?

あ!俺から変な提案みたいなことは一切ないから大丈夫だ、安心するんだ。

儲け話は内緒にするタイプさ(そもそもおいしいネタなんて持ち合わせてないけどね!)

実は少し前にね、怪しい投資話を持ち掛けられたんですよ。

暇な人は俺がその時に感じたモヤモヤとした気持ちを聞いてほしい。

・・・っていう単なる愚痴日記。

特に有益なことは書いていないと思う。

単なる読み物なんだ。

ですます調は、本当はすごく嫌いだからやめとくね。

 

前の職場の元上司から電話きた

俺は現在、会社を辞めてフリーでアレコレやっている。

前職とは全く関係ないジャンルで開業したから「前職の人が俺に仕事を依頼してくる―」なんてことは基本的にない。

だけど先日、元職場の元上司からひっさびさに連絡がきた。

何年振りだろう。一年半ぶりだったかな。

元上司って書いてるのは、その人も独立したから。

勤めていた会社が漆黒だと独立志向でも強まるんだろうか?どうでもいいけど。

ちなみに元上司が俺に仕事の相談をしてきたのはこれで2回目。

以前は会社のHPを簡単に作ってほしいって依頼だった。

「だいたいこの位はもらいたいけどどうする?」ってメールしたらブッチされた。

この一件は非常に根に持っている。手間取らせやがってよ!

さて、一年半ぶりの連絡は、また以前とは違った内容。

「一応話だけは聞くかー。たぶんやらねーけどwwww」って感じで打合せが決まった。

これは完全に余談だけど、最近感じるのは久々に連絡寄こしてくる人には要注意だと思う。

元カレ・元カノ・元上司・旧友・知人なんでも。

変な壺を売られるかもしれない。いや、水かもしれない。絵かもしれない。近況の自慢話かもしれない。

えっちぃお誘いはきっと無い。だいたい、たまの連絡なんて面倒ごとさ。

 

打合せと言う名の世間話・・・のはずだった

喫茶店で待ち合わせをして、まずは仕事の依頼内容を聞く。

「うーん、これはわざわざ俺が受けるまでもないな!俺がやってることとは似てはいるけど全然違う。どこか安いとこに外注した方がええですよ!どうしてもっていうんなら、ぼったくるぞー!!」・・・仕事の話は終了した。

あとは前の職場の話だったり、互いの近況だったり。世間話ってヤツだ。

だけどなんだろう。途中からおかしな流れになった。

話題にのぼったのが投資の話(怪しい胡散臭い系)だった。

 

投資に「絶対」なんて無いはずなんだ

話を聞くと、仮想通貨系の投資だった。

なんか『月刊仮想通貨』みたいな雑誌にも掲載されてるとかなんとか。

とりあえず非常に熱心に話を進められた。

アービトラージ配当の類のものだった。ここでアービトラージ云々について語る気はない。そもそも語れるほど詳しくないし。

んで、まぁなんだろう。

  • 「"理論上"負けることはない。損することはない」
  • 「絶対に勝てる」

そんな謳い文句を聞いていた。

元々俺はすごく保守的な性格なんだ。

だから世に出回っている儲け話なんて、「出回っている時点で儲けない・儲けていない」と思っている天邪鬼。

そもそも投資に「絶対」に「儲かる」なんてウマい話あるわけがない

本当に稼げるのなら、知人レベルの人間に教える必要性なんてないだろう。

俺ならただひたすらに秘密にしておく。黙ってこっそり甘い蜜を吸いたいじゃないか。

それにさ、投資の性質上、損する可能性が0なんてわけがない。

"理論上"損はしないかもしれないけど、手数料で思ったほど稼げなかったり、最悪、資金集めて飛ぶ可能性だってあるじゃん?おー、こわっ!

こちら側の意欲と、元上司の熱意の温度差が凄かった。

途中から、今日の昼めしは何にしようかな?なんて考えてたくらいだ。

話の〆に入り出した時に、厄介なモノに誘われた。セミナーだ。

誰とかさんがセミナーを開くだとかで、日程の画面なんかもLINEに送られた。

 

怪しい投資話は真に受けないこと

それからセミナーの日程まで定期的に連絡がきていた。

「いくらで始める?」だとか、「だいたい社長連中なら1万ドルくらい入れてるよ」とか。

結論から言うと、俺は次第にLINEを無視するようになったし、電話にも出なくなった。

投資話しかり宗教しかり、相手がどんなに親しい仲でもこういった類の話はロクなもんじゃない。

ついでに言うと、今回俺が受けた怪しい投資話には紹介制度まで設けられていた。

おい、マ○チか?マルちっちなのか???とツッコミたかった。

こういった人に対しては、残念ながらその人自身が気付くか、こちらからさよならするしかない。

お世話になった人だったから、こういった縁の切れ方をしたのは残念だった。

もしも、このページを読んでいて、俺のように怪しい投資話を持ち掛けられた人がいたら、縁を切るか距離を置いた方が良い。

こういうのは早い方がいい。

セミナーなんて間違っても行ってはいけないよ。

ロクなことにならないし、特にお金が絡む問題っていうのはいつまでも尾を引く。

「絶対に稼げる」とか、「確実にもうかる」とか、そういう耳に心地良い言葉は嘘と思いましょう。

そもそもそんなに簡単に勝てて面白いように儲かるなら、みんな始めるしみんな今頃働かずに億万長者だよ。

それにしても、やはり世話になったしそこそこ尊敬はしていた人だから、普通に悲しかったよぼかぁ…。

関連記事とスポンサーリンク

-オレの戯言

Copyright© ソシャゲスキーの部屋 , 2019 All Rights Reserved.